色々と。ネタ帳だったり日記だったり。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
右を向いても左を向いても

 美形しかいないんだ。

 レスタトが情けないんだがどうしたらいいだろうか。「呪われし者の女王」じゃ、女王様にびびって出てくるごとに泣いてるよ!でも女王様が怖すぎて刃向かえないよ!あれだけドヤ顔のロックンローラーだったのにww


  
レスタト
・俺様・我が侭・笑い上戸なお茶目さん・ルックスは完璧・なのに阿呆の子
ぶっちゃけルイがいれば永劫生きてゆける。「ルイがいない世界なんて土に潜った方がマシ」を素で実践した実話。ガブリエル母さんと方向性の違いで袂を分かち、その後はルイとクロウディアの三人で仲良くやれた何十年かも束の間(曰く仲間内じゃ長いほう)、首をかっきられるわ、燃やされるわ、ルイに愛想を尽かされるわ、散々な目に遭う事に。さすがに「見た目で選んだ」と言われただけあり、容姿だけは完璧なレスタト様。容姿のおかげで命拾い←?したと言っても過言ではない、マジで。しかしやることなすこと豪胆な割に後悔するのも早い。よく泣きよく命乞いする。ある意味とても人間らしい。

 
ルイ
・優雅・紳士・緑の眼・苦労性(主にレスタトのせい)・ふつくしい…
ニューオリンズの若き農主。レスタトが「恋に落ちた(原文のまま)」と回想本に残すほどの気に入られようです。レスタト様の一目惚れだったらしい。ガブリエル母さんは自分に似て趣味が良いと内心思ったに違いない。
ヴァンパイアにされてから後はレスタトのやんちゃに振り回され、段々と遠い目になっていく。ヴァンパイアとしての生き方や歴史をレスタトに請うも「お前は俺が一生面倒をみる!そんなことは気にするな!」の一点張りである。駄目だこいつ不安要素しか見当たらない。クロウディアがいる間はそれでも一緒にいたのだけど、ついに怒髪天の時が来て別れ別れに。その経緯をインタビューの間延々と愚痴っているのが一冊目、THE・閻魔帳。でも、なんだかんだで戻ってきたのは愛ゆえか。レスタトには勿体ない…。




クロウディア
・子供・成長しない
五歳になるかならないかでヴァンパイアにされた少女。子供ゆえに狩に躊躇いはなく、その手口はレスタトから褒められるほど鮮やか。しかし頭と心が成長するにつれて、成長しない体と自分自身の存在に疑問を持ち、苛立ちを募らせる。怒りの矛先がレスタトに向いたのが崩壊の始まりだが、後に見つかる日記で、むしろレスタトを愛して仕方なかったのではないかと思わせる手記が見つかる。成長しない体であまりにも完璧な二人の間にいることは、人形のような美しさを持つとはいえ、心が大人の女性に変化した少女にとっては辛すぎたのかもしれない。「このどうしようもない体で」と、どこかで零していたように。



アルマン
・創り主いわく壁画の天使・誰?・ていうか誰?
映画だと長髪のおじさんだったのに原作のが十七歳の少年設定で、家主は一瞬どうしたらいいのか分からなくなった。まさに天使、氷の美貌。だがしかしツンデレである。
レスタトと別れたルイと数年行動をともにするが、気になってたのはレスタトの方だったようで、レスタトが隠居生活始めてからちらちらと様子見にくる。なにこの可愛い子。ていうか何故レスタトそんなにもてるんだ、おかしいだろうが絶対。
自分をヴァンパイアにした師を何百年と待ち続けていた健気な子であります。再会しても、もちろんツンデレです。


レスタト奪回の回は、美形だらけでどこを向いたらいいのか分からない。一瞬き十人ぐらい。どんな集会だよ。
/ - / -
スポンサーサイト
- / - / -