色々と。ネタ帳だったり日記だったり。
ヘゲモニィィィ

 

ヘゲモニー制度とは

 

支配者・優位者が被支配者・劣位者に対し、政治的な合意や文化的同調の調達、利益供与などにより、指導性を確立し安定した支配を維持すること。ヘゲモニーは、服従する側の同意を調達する正当化のイデオロギーと価値付与の制度を備えている点で、むき出しの軍事支配とは異なる。そこでは強制力は支配の一手段ではあるが、非軍事的な働きかけの背後に控える最終手段と意味付けられる。また、それは平等者間のリーダーシップとも異なり、支配する側は政治、文化、経済、軍事における格差を活用して優越を維持している。なお、一部の米国の国際政治学者が、強力な一国によるヘゲモニーの保持が自由貿易体制などの世界秩序を維持する条件である、というヘゲモニー安定論を唱えた。他方、複数の主要国が共同してヘゲモニーを保持する、あるいは争点領域ごとに国際レジームを形成する、などの考え方が対立し、論議を呼んだ。(知恵蔵解説)

 

 

いえ、たまに「ヘゲモニーー!!!」と叫びたくなる時があるんですが、肝心の意味は何だっけと思ったものですから。なんか変な生物を連想していたのだけど。なんだ、思想か。

繁忙期終わったのに計画性のなさに巻き込まれて死亡フラグ。暫く考えてみたが、私は悪くないと思う。新たなレジェンドも生まれ、目が点になっている次第です。もう私ほんとに休みたい、ていうか他のことやらせてプリーズ。現実逃避に検索かけたイギリスが、あちこちで幽霊出てて面白い。

 

何年か前に見たアンダーザワールドという映画に、セリーンという恰好良い戦うお姉さんが出てて、続きがあったので最新作を借りて見たんだけど、突っ込み所満載過ぎるwwwちょ、おま。かいつまんであらすじ言うと、オオカミ種族と吸血鬼の対立なんだけど、変身するオオカミはともかく、吸血鬼族は現代風に武装して普通に銃で戦ってる。オオカミ族に圧されて地下に引き籠ってんのに、何かと理由かこつけてパーティー開く余裕がまだある。でも戦わない。戦うのイヤ。だってオオカミ族怖いし。

と、まぁ、引き籠りながらも最後は砦破られて戦わないといけなくなったんですがね。昼間はシャッター下ろして完全に引き籠っている体制だというのに、いざ戦いが始まったら、窓破壊される→光浴びる→即死 え、お前ら自分の属性ちゃんと分かってる??

 

だって、吸血鬼なんだぜ…?リフォームぐらいしとこうよ。ていうか何で窓あるんだよ……。

 

最新作から見ると、まるでヤクザの抗争みたいだ。オオカミ族とのアドバンテージがありすぎて「吸血鬼族ガンバ!」と応援しなきゃいけなくなる、そんな最新作でした。リフォームしてなかったのが最大の敗因。

日が昇るのと落ちるのと / - / -
スポンサーサイト
- / - / -